【お値段以上】アーロンチェアの廉価版?セイルチェアの使用感【購入後2年レビュー】

「廉価」をずっと「けんか」と読んでいた系ブロガーの珊瑚です。

うちの猫
正しくは「れんか」と読むにゃ。
珊瑚 
どうりで変換しても出てこないわけか…

 

ワークチェアで有名なアーロンチェアと同じハーマンミラー社が出しているセイルチェア。

 

購入して2年ほど経過しましたが、とても満足度の高い買い物の一つです。

購入時にアーロンチェアや他の高級と言われるワークチェアの座り比べをして吟味した甲斐がありました。

 

そんなわけで今回はそのセイルチェアのレビューをしたいと思います。

この記事を読んでくださるあなたの参考になれば嬉しいです。

 

ハーマンミラー セイルチェア

 

外観はこんな感じ。

カラーリングが何種類かあって僕はブラックのモデルを購入しました。

ワークチェアですが、デザイン性が高いので野暮ったくなく、スッキリした印象の椅子です

背もたれがメッシュになっていて、しかもそこまで背が高く無いので狭い部屋でも圧迫感を感じにくいデザインとなっていて僕のお気に入りポイントの一つです。

スポンサーリンク

使用感

疲れにくい背もたれ・座面のクッション

セイルチェアの特徴は網目状の背もたれ

 

これが背中に適度な硬さでフィットして支えてくれます。

いろんな椅子を購入する前に試しましたが、セイルチェアの背もたれは特に心地いと感じました。

実際、1日に5時間以上座っていることもありますが腰への負担を意識することはありません。

背中が蒸れにくいのもポイントですね。

 

そして椅子にとって重要な座面。

ぱっと見なんの変哲も無い座面ですが、こちらも適度なクッション性でお尻や太ももの負担を減らしてくれます。

2年使用してきましたがへたりは全く感じられません。

他の人のレビューを見てると5年使用してもほとんどヘタリを感じないそうです。

 

アーロンチェアの場合座面がメッシュ素材になっていて、なんとなく浮遊感があって僕には合わないな…と思ったのですが、このセイルチェアのクッションは僕の体に合って、快適な座り心地を与えてくれています。

僕が座ってない時は猫がほぼこのポジションを占領しています。

そのためクッションにへたりはありませんが、時々猫が爪を立てているので座面が毛羽立っています。泣

 

うちの猫
猫にも快適にゃ

 

フラットのアームレストが意外といい

セイルチェアの兄貴分のアーロンチェアやミラ2チェアのアームレストは肘を置く場所が曲線になっています。

それに比べてセイルチェアはフラットになっていて、これが硬いというレビューがありましたがなんのその。

 

このフラットなアームレストが意外といいです。

フラットなぶん腕をまっすぐに置き、休めることができるので楽です

実際に座り比べて気づいたポイントですね。

 

そもそもアームレストにそんなに長時間腕おかないのでクッション性があまりなくても痛くならないというのが僕の感想です。

 

あと、セイルチェアにはこのアームレストが縦横に自由に可動できるアジャスタブルアームのモデルとそうでない可動しないモデルがあります。

もしセイルチェアを購入する場合は絶対にアームレストが可動するモデルを選ぶことをお勧めします。

数千円高くなりますけど、絶対に使用満足感が違います。うん。

 

前傾姿勢や座面移動ができる

下のレバーを操作して、アーロンチェアの代名詞的機能である座面を動かす機能があり、楽な前傾姿勢も可能です。

この前傾姿勢「すげー」ってなりますけど、デスクでほとんど文字を書いたりしないので僕はほぼ使いません。

文字書くときには便利です。使わないけど。

うちの猫
使わんのかいにゃ!

 

スポンサーリンク

やっぱり良い値段がする椅子は良い!

椅子で過ごす時間が長い人は特に実感できると思いますが、やはり良い椅子は良い。

うちの猫
そのままにゃ

 

セイルチェアを購入するまでは安い座椅子にクッションを乗せて使用していましたが、それと比べると疲労感が雲泥の差です。

今でも猫が占領している時は下の写真のように座椅子を使いますが、セイルチェア、やっぱりいい椅子だな…と強く感じます。

疲労感が少ない分作業に集中できますし、良い椅子に座っているとそれだけでモチベーションが上がり、パフォーマンスが上がるような気もします。

スポンサーリンク

結論!自分にあった椅子がいい椅子!

と、ここまでセイルチェアのいいところを綴ってきましたが、椅子って座る人の相性がとても大事な道具です。

 

僕は最初アーロンチェアを購入しようと思っていましたが、実物を試座してアーロンチェアが自分に合っていないと感じ、その代わりに自分に合ったセイルチェアを購入しました。

なのでワークチェアを購入する際は実際に座って見てから購入することを僕は強く勧めます。

決して安い買い物では無いと思いますし、自分の体に合ったいい椅子を選んでいただけたら…と思います。

 

スポンサーリンク

セイルチェアのここが残念

最後にセイルチェアのデメリットな部分に触れて置きます。

メッシュに埃…

メッシュに埃がたまるので掃除がめんどくさい

掃除機のモシャーってしたアタッチメントを使えばそれなりに埃が吸えるので綺麗になりますが完全には吸いきれない。

かと言って吹いたりするのも面倒なのでそのままです。うん。

軋む音がする事もあるらしい

あと製品によってはリクライニングを使用するときに軋んだ音がするみたいです。僕のはそんなこともないのでよかったなと思ってます。

軋み音がする場合は調整に出したり、オイルを差したりするみたいです。

 

商品が到着した時の箱がアホみたいにでかい

僕の場合玄関に入らないので、玄関前で開封する羽目にな理ました。

まぁこれは完成品で届くワークチェア全般に言える事ですけど。

 

チェアマットは必須

椅子の重量がそこそこあるので、何もひかずに使用していると椅子のキャスターで床が傷つきます。

重量のあるワークチェアに共通して言える事ですが、チェアマットは一緒に購入すべきアイテムです。

これなんか僕も使っていてオススメのチェアマットです。

最後に

椅子に座る時間が長い人はいい椅子に出会えると今よりもいいパフォーマンスができるはずです。

椅子に座る時間が長くてしんどい…と感じる人はぜひこの機会に椅子を見直して見てはいかがでしょうか。

 

では

 

The following two tabs change content below.

珊瑚

アラサー男性看護師です。 趣味はロードバイク、カメラ、株 二歳のベンガル猫と暮らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください